仕事を辞めたい!アナタの辞めたい悩みに答えます

仕事を辞めたいアナタこそ、就職サイトを使うべき!アナタの人生が変わる転職をしよう

 

アナタがその仕事を続ける理由はなんですか?
多くの人は、仕事に対してやりがいや使命感なって、持ち合わせていません。生きていくのに、お金がいるから、仕方なく働いているだけです。

 

言うなれば、みんな「お金が欲しいから」仕事をしているのです。

 

もしも、今より楽で給料がもらえる仕事があったら、今の仕事をさっさと辞めて、他の仕事に就職しています。ですが、ほとんどの人は、その行動を起こすことができません。

 

そして、多くの企業はそんなみんなの弱みにつけこんで、好き放題やっています。

 

もらえるお給料が少なかったり、お給料に見合わない仕事をさせられたり、過剰に仕事を押し付けられて、家にすら帰れない状況を作らされたりすることもあるのです!

 

しかも、人間というのは皮肉なもので、職場であっても虐げられ続けると「どうせ、逃げても意味がない」と深層心理で思ってしまい、酷い職場であっても、その職場で働き続けようとしてしまいます。

 

これは心理学で言うところの「学習性無力感」というやつで、強い意思を持って行動しなければ本当に、仕事を辞めることができません。

 

今のうんざりするような仕事を辞めるためにも、まずは行動を起こすことから、はじめましょう。

 

 

パワハラ・セクハラ・イジメにもううんざり!どうやって仕事を辞める?

今の時代は、多くの人が何かしらパワハラや、セクハラ、職場内イジメの被害にあっています。

 

しかも、パワハラ・セクハラ・イジメは男女問わず行われています。
例えば、パワハラは上司が部下にやるものと思われがちですが、同僚同士でありながら、一方的にパワハラをされることもあるので、職場間でパワハラの被害に合っている人は、意外に少なくありません。

 

また、わかりやすいセクハラ被害も、最近では減少傾向あるとは言え、女性の管理職が増えた煽りもあってか、今度は女性から男性にするセクハラも増えており、なかなか女性からのセクハラの被害を申告できない男性が、鬱になってしまう――というケースも増えて来ているようです。

 

そして、大人になったのにもかかわらず、1人の人間に対して、職場内全体が行うイジメ行為なども、社会問題化しつつあります。

 

会社自体はホワイトで、お給料もきちんと支払われている会社であっても、職場やその部署によっては、深刻な被害を被ってしまうことがあります。

 

「たかがパワハラぐらい……」とその被害にあっていない人は、のんきに考えがちですが、酷いパワハラ・セクハラ・イジメは仕事を辞めるに足る十分な理由です。

 

しかし、急に辞めるというのも気が引けるし、ちょっと怖いですよね?

 

それでは、パワハラ・セクハラ・イジメの被害にあった場合は、どうやって対処すれば良いのでしょうか?

 

 

 

パワハラ・セクハラ・イジメの対処の流れ

  1. 友だち・親などに相談
  2. 同僚・上司・人事部に相談
  3. 労働局に相談
  4. 仕事を辞める

 

パワハラ・セクハラ・イジメにあって耐えられないと思うなら、上記の段階にそって相談をしていってください。

 

 

@友だち・親などに相談

まずは、友だちと親に相談しましょう。
パワハラ・セクハラ・イジメだと自分は思っているけれど、実はそうでない場合もないわけではありません。

 

もちろん、本人が「パワハラだ!」と感じた時点で、パワハラに該当しますが、自分の思い込みや考え方が問題の場合もあるので、一度親しい人間に客観的に判断してもらうために、友だちや親など、プライベートで付き合いがある人に相談しましょう!

 

 

A同僚・上司・人事部に相談

プライベートに付き合いがある人に相談し、「これはパワハラだ」と判断された場合には、そのパワハラに対処するために会社に関係がある人に相談し、協力してもらったり、対処してもらったりしましょう。

 

パワハラなどに関係がない他の部署の同僚や直接の上司よりも、上の立場の部長や課長、あるいは人事部に相談することで、何か対処をしてもらえるかも知れません。

 

しっかりした会社の場合は、この段階でパワハラ・セクハラ・イジメに対して、対処をしてくれるので、物事が解決することもあります。

 

しかし、それでも解決しない場合は、次の段階へと進みましょう。

 

 

B労働局に相談

「何をしているかよくわからない」と思われている労働局ですが、近年の風当たりの強さから、パワハラ・セクハラ・イジメなどに対しても、対処するようになりました。

 

労働環境によって鬱になったり、自殺してしまったりするケースが多発した結果もあってか、今の時代、労働局に事前に相談すれば、何かしら会社側に働きかけてくれるようになりました。

 

ただ、相談する窓口の担当者によっては、きちんと動いてくれない場合があるので、担当者に話を聞いてもらって「この人はダメだな」と思ったら、他の方に担当を代わってもらった方が良いかも知れません!

 

労働局に相談したら、パワハラ・セクハラ・イジメの対処は会社の問題になりますが、会社がパワハラ・セクハラ・イジメを野放しにするケースも少なくありません。

 

そうなったら、最後に出来ることは「仕事を辞める」ことだけです。

 

 

C仕事を辞める

労働局に相談しても、会社が職場環境を改善させる意思を持たず、現状がまったく変わらないのであれば、取れる手段は1つしかありません。

 

「仕事を辞める」ことのみです。

 

一生懸命に仕事をして、いろんな人に相談し、他の人に働きかけたのにもかかわらず、現状維持で何も変わらないのなら、アナタにやれることは、もう何もありません。

 

そのまま我慢して働き続けても、鬱病などのリスクを高めてしまうだけです。さまざまな嫌がらせを受け、アナタは十分にツライ経験をしています。

 

これ以上ツライ思いをしても、なにも良いことはありません。

 

仕事を辞めるのは、先々のことを考えるとツライことかも知れません。でも、今のまま自分を追い詰めて働いていても、何も物事は解決しないのです。

 

だから、我慢をやめて新しい仕事を探すべきでしょう。

 

 

会社に関わる人間関係に耐えられない!場合はどうやって仕事を辞めるべき?

いつの時代も人間関係で悩みを抱えている人は大勢います。
「別にイジメられたワケでもないのに、仕事を辞めたいと思っているのは、甘えかな……」と思っている方もいるかも知れませんが、意外に多くの人が人間関係がきっかけで仕事を辞めたいと思っているんです。

 

ネット上でアンケート調査を行っている会社「レポセン」による調査では、人間関係が原因で仕事を辞めたいと思って転職した人が、アンケートに答えた人の約4分の1もいるという結果が出ており、人間関係がきっかけで「仕事を辞めたい」or「仕事を辞めた」という人は実は少なくないのです。

 

 


○仕事を辞めたいと思っている人の理由

  • 上司がの指示がコロコロ変わる。指示どおり進めても、文句を言われる
  • 女性ばかりの職場で形見が狭く、陰口を言われている
  • 後輩や、先輩の仕事のミスを指摘すると、なぜか怒られる

 

人によっては「ささいな事」かも知れませんが、とうの本人からすると「仕事を辞めたい」と思うほど、大変なことなのです。

 

それでは人間関係で仕事を辞めたくなってしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか?

 

基本的には「パワハラ・セクハラ・イジメにもううんざり!どうやって仕事を辞める?」でご紹介した内容と同じ段階を踏むことで、仕事を辞めやすくなりますが、その段階を踏む前に、ヤルべきことをこの章ではご紹介したいと思います。

 

 

[アドバイス@]考え方を変えてみる

人間関係は、些細なことが原因でこじれてしまいます。
しかし、その些細なことは、本当にそこまで気にすべきことでしょうか?

 

人間は「この人苦手だな……」と思い込んでしまうと、心に壁が出来てしまいます。苦手意識を持ったが最後、ずーっとその人のことが苦手で、その人の一挙一足にすらば、嫌気がさすようになってしまうのです。

 

ただ、もしかするとそれは単なる思い込みかもしれないので、まずはその思い込みを良い方向に変えるために、仕事と感情を切り離し、人間関係に関するストレスをコントロールしてみてはいかがでしょうか?

 

会社内で「陰口を言われている」というのは、単なる思い込みかも知れませんし、「この人と会うのがイヤ」という場合や「取引先のイヤな上司との飲み会」であっても、「これも仕事だから」と割り切ってしまえば、意外に相手と会うことに対して、ストレスを感じなくなることがあります。

 

ちょっとした考え方の違いで、人間関係に関するストレスが大幅に減少されることもあるので、この段階で「仕事をやめたい」という悩みがなくなるならば、それに越したことはありません。

 

 

[アドバイスA]いろんな人に話をしてみる

言ってしまえば楽なる、そういうことって少なくありません。
また、人間関係で悩んでいると思ったら、パワハラ・セクハラ・イジメの被害にあっていたというケースもあるので、人に相談するということは、重要です。

 

とりあえず自分が気になっていることを、いろんな人に相談し、ぐちを吐くことで、意外な同志を見つけることが出来ることもあります。

 

人によっては「そんなにツライなら仕事を辞めれば?」とイヤ人間関係を解決に導く、アドバイスや仕事を辞めるきっかけ作りをしてくれる人もいるかおm知れません。

 

話したり、自分から行動したりすることで、いろんなことが変わります。
一番ダメなのは、自分一人で悩むこと

 

人間関係の悩みは、当事者にしかわからないモノがありますが、相談することで、肩の荷が降りるかも知れませんよ?

 

 

[アドバイスB]前向きに仕事を辞めることを考えてみる

人間関係は、自分が変えようと思って、カンタンに変わる類のものではありません。

「いろいろな人に相談しては見たけれど、やっぱり人間関係が気になる」
「私には、今の職場の人間関係が耐えられない!」

 

と思うなら、前向きに仕事を辞める――ことを考えた方が良いかも知れません!

 

アナタはもう十分努力しました。
人間関係がギクシャクした状態で、これ以上働いても、ストレスばかりが増えるだけ。しかも、そのストレスのせいで身体を壊してしまったら、馬鹿馬鹿しいと思いませんか?

 

「仕事を辞める」と言うと、ネガティブなことのように思えますが、たとえ現状維持だったとしても自分を苦しめ続ける職場にいるようなら、いっそ、前向きに転職を考えて、新しい職場で新しい人間関係を構築した方が、後々の自分の人生にとってプラスになるハズです!

 

だから、仕事を辞めることをもっと前向きに考えてみませんか?

 

 

給料・仕事内容・転勤に納得いかない! もう、いっそ転職しかない?


「一生懸命仕事をしているのに、お給料が増えない」
「自分の能力で、こんな仕事しかできないの?」
「理不尽な転勤を共用されている!」

 

職場環境に問題がなかったとしても、人間関係に問題がなかったとしても、仕事内容に不満があれば、その仕事を続けていくのがイヤになります。

 

特に仕事が出来る優秀な人ほど、給料も含めて理不尽な目にあっていることが多く、その結果として「仕事を辞める」という選択肢を取る方もいっぱいいます!

 

しかし、仕事を辞める踏ん切りがつかないという人は、段階を踏んで自分の気持ちを仕事を辞めるマインドに変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

[STEP@]自分の気持を整理する


「なぜ、今の仕事が不満なのか」
「自分は、本当はどうしたいのか」

 

仕事に対して、いろいろと不満があるのはよくわかります。
とりあえず、その不満をそのままにしておくと、ずるずると今の仕事を続ける原因になるので、一端自分の気持を整理しましょう。

 

今、自分が抱えている気持ちを整理するために、以下の項目を自分なりに埋めてみてください。

 

[1.今、自分は何に不満をいだいているのか?]
[例]

  • 給料が安い
  • 休みが少ない

[2.本当はどうしたいのか?]
[例]

  • もっと稼げる仕事がしたい
  • 自由に休みが取れる環境が良い

[3.妥協出来る点と出来ない点はどこなのか?]
[例]

  • 給料は今のまま我慢できるけれど、有給は取りやすくして欲しい
  • 転勤は良いけど、もっと家族との時間を取れるようにして欲しい

 

上記の1〜3に関する答えを自分なりに埋めてみてください。
すると、アナタ自身の"本当の不満"が見えてきます。

 

そして、自分が何を譲れて、何を譲れないのかを、しっかりと知るために以下の項目に自分なりの答えを入れてみてください。

 

 

[4.自分は一体何をしたいのか?]
[例]

  • もっとお給料が良くって、働きがいがある仕事につきたい
  • 給料は今のままで良いけれど、休みが多くて、家族と一緒にいられる仕事が良い

 

アナタの答えは、なんでしたか?
そして、その答えは今の職場で解決出来ることですか?

 

もしも、今の職場で解決出来ないのなら、次のステップに進みましょう。

 

 

[STEPA]働きながら次の仕事を探す

自分の内なる思いに気がつき、その結果「転職するしかない」と気づいたのなら、今の仕事を辞めることを、前向きに考えましょう。

 

ただ、いきなり仕事を辞めるというのは抵抗があるでしょうから、まずは転職サイトに登録しつつ、働きながら次の仕事を探してみてはいかがでしょうか?

 

転職サイトに登録し、いろいろな求人情報を見ていくうちに、きっとアナタの気持ちも良い方向へと代わって行くでしょう。

 

今まで悶々としていたものがスッキリして、次の仕事への活力がどんどんと湧いてくるかも知れません。また、なかなか自分のスキルを活かせる仕事がないとわかったら、自分なりの"次の手"が打てるようになるかも知れません。

 

人によっては、それが独立――なんてことも!

 

ただ現時点では、今の職場で働いているので、給料ももらえているので急に仕事を辞めるのに比べればリスクは、ほとんどありません。

 

なお、仕事先に転職を考えていることが知られると、いろいろと面倒なことになる場合もあるので、極力仕事関係の人には誰にも教えず、仕事を探すようにしましょう。

 

 

[STEPB]どうせなら、今より上を目指す!

どうせ、転職するのなら今より"上"を目指してみませんか?

 

今いる会社が10年後も残っている保証はありません。
もしかすると、2〜3年後には潰れているかも知れません。そんなリスクを考えたら将来の安定性も含めて、より上の待遇を求めることは、決して間違ったことではありません。

 

どうせ転職するのなら、今の職場よりもワンランクも、ツーランクも上の会社を目指して、転職活動をするというのはどうでしょう?

 

転職サイトによっては、ハローワークなどでは扱っていないような、外資系企業や非公開求人を紹介してくれるところもあります。

 

しかも無料で、そういった会社を紹介してくれる転職サイトがあるので、どうせなら目標は高くもって、今よりももっと待遇が良く、自分にあった会社を探すことを検討してみてください!

 

 

仕事を辞めるのは怖くない!転職に関する誤解をなくそう

新卒での就職に比べると、転職というのは、どうしてもマイナスなイメージがついて回ります。

 

実際にやることは新卒採用のときと同じだし、新卒の時に比べれば職歴もあるので、仕事の決まりやすさで言うと、断然転職の方が上、なのですが、転職に失敗すると今まで築き上げたものがゼロになってしまうリスクもあるため、多くの人は「仕事を辞めたい」と思っても、なかなか仕事を辞めることが出来ないのが実情です。

 

その原因は、ズバリ「転職活動というモノに悪いイメージをもっているから」に他なりません。

 

ということで、この章では、転職活動に対する間違ったイメージを払拭するためのヒントを、ご紹介したいと思います。

 

 

仕事はいつでも辞められる!そして、今は"売り手市場"だ!

多くの人が思っている誤解の1つが「仕事をカンタンに辞めることが出来ない」という誤解です。

 

確かに社内規定などでは「仕事を辞める際には2ヶ月前に、申告しなければならない」なんてルールがある所がありますし、「引き継ぎが出来ていないから」という理由で、会社を辞めさせないようにするブラック企業も少なくありません。

 

しかし、これは日本国憲法第22条第1項が定める「職業選択の自由」に違反するものです。

 

だから、本来ならば日本に住むすべての人は「仕事を辞めたい!」と思って、仕事を辞めた時に、なんのペナルティも課せられることはないのです。少なくとも、会社が勝手に定めた社内法を守る必要など、一切ありません。

 

つまり、仕事を辞めたくなったら、好きな時に辞めて良いのです。

 

そして、今は労働者にとって売り手市場
たとえ今の仕事を辞めても、アナタを求める会社はいくつもあります。

 

 

これからの日本は「職あまり」の時代に!

AI技術の発達により、ニュースなどでは「職がなくなる」と言われています。
しかし、実際のところそこまでAIが発達するのには、まだまだ時間がかかるし、それ以上に少子高齢化の煽りを受けて、労働人口はどんどんと減少していきます。

 

つまり、これからの時代は、今までのように仕事をしてくれる人間がいなくなってしまうのです。

 

仕事をしてくれる人間は少なくなりますが、仕事自体がなくなるワケではありません。だから「職あまり」になってしまうのですが、その結果どのようなことが起きるか――というか起きているか、というと以下のような状況に日本は変わっているのです。

 

 

現在の転職市場で起こっている3つの事

  1. 労働者の市場価値が上がっている
  2. 40〜50代の人でも働きやすくなった
  3. 企業は本当に良い人材を求めるようになった

 

 

労働者の市場価値が上がっている

働く人が少なくなった今の時代、労働者の市場価値は「失われた20年」に比べると、かなり上がっています。

 

むしろ今は、バブル期ほどではないにしろ、有効求人倍率は2016年で1.20倍。2016年の12月で、1.90倍という、非常に高い数値を記録しており、誰でも就職しやすい状況になっています。

 

だから、以前のように「仕事を辞めたら次の仕事が見つからないかも……」という心配は一切する必要はないのです!

 

 

40〜50代の人でも働きやすくなった

不況の時代なら「リストラ」として切り捨てられていた40〜50代という中年の方に、今、スポットが当たっています。

 

今、労働者の市場価値が上がっているのと同じく、企業側はバブル機の反省を踏まえ「より使える人材」を求めるようになりました。その結果、企業側は経験とスキルを求めるようになり、経験もスキルも豊富な40〜50代の人でも就職しやすい環境になっているのです。

 

だから「俺はもう歳だから」とか「30過ぎたら転職出来ない」というこれまでの常識はいい意味で、通用しなくなっているのです!

 

 

企業は本当に良い人材を求めるようになった

今までは「補助金がもらえるから」という理由で、ハローワークに登録していた企業も、働く人の質を求めるようになったため、ハローワークではなく、きちんとした人を紹介してくれる就職サイトを利用するようになりました。

 

この就職サイトは企業側がサイト側にお金を払うシステムになっており、就職サイトを使う側は、一切お金を支払う必要はありません。

 

ただ企業の方も「どうせお金を払うなら、そのお金に見合う人材が欲しい」と思っており、その結果、就職サイトに登録した人に対してスカウトをするようになったのです!

 

しかも、このスカウトは就職サイトに登録しているだけで、受けられるので、漠然と「転職したいな」という人でも、就職サイトに登録するだけで、自分の市場価値を知ることが出来るきっかけにもあります。

 

とりあえず「転職したい」「今の自分の価値はどれくらいなんだろう」と気になっている人は、どうせ無料なのですから、就職サイトに登録だけでもしてみませんか?

 

 

「とりあえず仕事を辞めたい」そんなアナタも制度を使えば大丈夫!

「パワハラ・セクハラ・イジメで仕事を辞めたい!」と思っている人は、今ある環境から早急に逃げ出さなければ、心身共に手痛いダメージを負ってしまうことがあります。

 

鬱病寸前の人が、これ以上精神的なダメージを負ってしまったら、それこそ完全に鬱になってしまいます。そして、鬱病になってしまったら、それを克服するのはカンタンではありませんし、次の就職も難しくなってしまいます。

 

「でも、働かなければ、行きていけないんです!」

 

という気持ちはよく理解できますが、日本は他の国のように失業者に厳しい国ではありません。

 

きちんと申請することで失業給付金が国から支給されます。

 

失業した状況や、失業した人によっては給付制限期間無く失業給付金を受給できる場合もありますし、「就職困難な受給資格者」と認定された場合には、45歳未満で被保険者期間が1年未満の場合150日、一年以上の場合300日、45歳以上65歳未満の場合は被保険者期間が1年未満で150日、1年以上で360日、失業給付金が国から支給されます。

 

人によっては「誰にも迷惑をかけたくないから」という理由で、失業給付金を受け取るのに抵抗がある、という人もいるかも知れませんが、もともとは私たちが払った税金です。

 

「自分が払った分の税金が返ってくる」程度に、軽く考えて、なるべく失業給付金を受け取るようにしましょう。

 

 

ハローワークより、就職サイトがおすすめな3つの理由

「ハローワークよりも、就職サイトの方が就職しやすい」というウマのことを先述しましたが、それにはきちんとした根拠があります。

 

  • カラ求人がない
  • きちんとアドバイスをくれる
  • 仕事を続けながらでも出来る

 

カラ求人がない

まず、ニュースなどでも問題になった「ハローワークのカラ求人」。
本来求人を募集する必要がないのにもかかわらず、給付金目的で求人募集を出す、カラ求人というモノがありました。

 

さすがに今は減少傾向にあるようですが、それでもカラ求人はハローワークにあるようです。

 

しかし、就職サイトは違います。
わざわざ企業側が就職サイトにお金を払って求人を載せてもらうのですから、カラ求人を出す意味がまったくありません!

 

つまり、就職サイトは確実に就職出来る求人しかないので、ハローワークよりも優れているのです。

 

 

仕事を続けながらでも出来る

就職サイトはハローワークのように、わざわざどこかへ足を運ぶ必要はありません。むしろ、自宅にいながら、仕事をしながら、通勤途中にサイトにアクセスするだけで、いつでも転職活動をすることが出来るのです。

 

さすがに面接は実際に企業に出向いて行わなければなりませんが、それ意外は、すべてスマホや携帯、パソコンでいつでも行うことが出来るのです。

 

もちろん就職サイトを利用するだけなので、仕事を続けながらでも、手軽に転職先を探すことが出来ます。

 

だから「今すぐ、転職するわけではないけれど……」と転職に対して、決めかねている人でも、就職サイトを利用すれば、仕事を続けながら、自分の好きなタイミングで転職活動を行えるんですよ!

 

 

仕事を辞めたいなら、勇気を持って行動すべき!動くことで、全てが変わる

「仕事を辞めたい!」と、ただ漠然と思っていても、物事は全く変わりません。むしろ、今の精神的にきつい状態が維持されるだけなので、現状維持は実は状況を悪くする一方だったりします。

 

今ある職場に対して、不安・不満があるのなら、その不安と正直に向き合って
どう対処すればその不安・不満が消えるか考えるべきでしょう。少なくとも、何もせずに、現状維持のままでは、どんどんと自分の精神も肉体も疲弊していくだけで、何も良いことはありません。

 

「仕事を辞める」というのは人生における一大決心の1つであることは確かです。

 

しかし、仕事を辞めるために、ご紹介したようなことを行動に移すことで、確実に今あるアナタの世界は変わります。

 

大切なことは、勇気を持って行動すること。

 

実際に転職活動をしなくても、就職サイトに登録することで、自分の中の何かが変わるかも知れませんよ?

 

とりあえず、今の職場に問題を抱えているのなら、怖がらないで、まず人生を変える一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

そして、就職サイトに登録するということは、アナタの人生を変える一歩になることは間違いありません。